cafe 1886 at Bosch

Year: 2015

BOSCH(株)は、100年を越え、その歴史は高い技術での「ものづくり」の歴史である。しかしながら、日本でのブランド認知度は決して高くなく、認知度向上の為、日本本社1階エントランスにショールームとカフェを併設し、その2つの関係を繋げる事で、BOSCHへの来客者だけでなく、カフェを利用する一般のお客様も取り込み、今までBOSCHをよく知らなかった人々が興味を持つキッカケを作り出すという事を目的としたプロジェクト。
空間全体はBOSCHの大きな歴史として捉え、カフェは過去、エントラスホール(ホワイエ)は未来を表現しており、カフェはものづくりの原点として古材などを用いて、工作室の様な賑わいと、ものづくりの楽しさを表現している。空間の仕切りをなくし、カフェとホワイエとの関係を近づけ、BOSCHへの興味のキッカケをつくり出している。

BOSCH(Corp.) is over 100 years old with a history of “craftmanship” and high-quality technology. Nevertheless, the brand is recognized in Japan as inexpensive. To improve its reputation, the first floor entrance to Japan’s main branch incorporates a showroom and café. This connection creates an opportunity for anyone coming into the café to gain interest in their products. The project captures the entirety of BOSCH by representing its past through the café and its future through the showroom. The café expresses the origins of craftmanship by using old, aged workshop-like materials and recreate the fun, lively workshop environment. As there are no room partitions so that the café and showroom are brought together so that visitors experience and take interest in BOSCH.

Program
カフェ、オフィスエントランス
Contents
内装設計、工事監理
Location
東京都 渋谷区
  • Instagram