2020 07.13

#12

虎屋のある景色

KA&AのVISIONには、
―建築で街に誇りをつくり、商業で街を潤すー
という思いがあります。
その土地にはそれぞれ建築があり、人の流れを生み出す場所がある。
その土地を訪れて、風景の中の建築に触れ、地場のものを頂く。
仕事やプライベートで訪れた、隠れた名所や言わずと知れた建築をご紹介して参ります!

人は富士山に向かうと、心が弾む。東京から東名で静岡に向かう高速で、突如遠くに霞む山の姿を見つけられた時には、毎回思わず声をあげたくなる。
今回は、そんな富士山のお膝元の御殿場プレミアムアウトレットに竣工写真撮影で久しぶりの出張に出た。梅雨の霧雨冷える日で、残念ながら富士山にお目見えできず、御殿場近くの建築を探してみると、見つけたのは
「虎屋菓寮 御殿場店」「とらや工房」だ。
「とらや工房」は御殿場プレミアムアウトレットから車で5分とかからない目と鼻の先だ。

まず、私は高速バスで御殿場駅到着、そこから駅前近くの「虎屋菓寮 御殿場店」(2006年内藤廣設計)に向かった。

建築に入る前に歴史さんぽ

「とらや」の暖簾は東京に住んでいたら誰しも子供の頃は、右から「や ら と」と読んで、親から正しく教えられたことがあるでしょう。格式があって、ここぞというときのお土産に持って行くのに間違いない。「とらや」の羊羹を東京銘菓と思っている方東京の人は多いのではないでしょうか?
私も実は、京都の人に教わりました。

虎屋は室町時代後期に創業した京都が発祥のお菓子です。時は後陽成天皇のご在位中から(1586年〜1611年)御所御用のお菓子として使われてきました。
現代の当主は第十八代目ということですからすごい歴史です。
現在東京銘菓の顔となり、全国各地で愛されている虎屋には、実は長い変遷の歴史がありました。

京都から下りもの

かつて、江戸時代には「下りもの」という言葉が使われていました。これは、京都から江戸へきたもののこと。古来、都として天皇の御在所であった京都大阪の畿内は「上方」であり、今も関西で行われる「上方歌舞伎・上方落語」という使われ方もその名残です。京都から江戸へきたものは「くだりもの」(=質の良いもの)という格付けの言葉であったようです。

それに対し、江戸でできたものは、もう下りようがないもの=下らないもの 自嘲を込めて使っていたため、「下らないもの」という言葉には「質がわるい・取るに足りない」などの意味が込められるようになったようです。

話が逸れましたが、虎屋はまさに、京都から江戸に下ったもの。
江戸から明治時代に時代が大転換を迎えた際、天皇が京都から東京へ場所を移ると共に、虎屋は東京へ来たのでした。

虎屋の決断

虎屋は「御所御用のお菓子」として長く御所の方々から愛されていたお菓子。
京都では当時、虎屋と松屋の2軒の菓子屋が御所御用を務めていたと言います。(もう一軒、二口屋というのがありましたが、これは幕末には虎屋により吸収された)

時代が大政奉還を迎え遷都となった時、この2軒の菓子屋は別々の道を辿ることとなります。虎屋は江戸へ下り、松屋は残った。

一方、幕府の方にも幕府御用を勤めた5軒の菓子屋がありました。しかし、政権交代による困難、武士が生きる道をなくし、地方の大名はそれぞれ領国へ引き上げたため、この菓子屋5軒は店をたたむこととなりました。

京都の2軒は、選択は違えど両店共に苦境を乗り越えました。

虎屋が京都から東京に行くのは、大きな難しい決断だったと考えられます。
虎屋は明治天皇が遷都の前年に京都から東京へ行幸した際にも東京へ随行しており、明治2年、遷都のために京都御所を発った天皇と共に、東京進出を図ることを決断します。
その時は、京都に当主は残り、東京には出張所として状況を見るということでした。
江戸から明治の混乱期、このようにして虎屋は京都から東海道を伝い、江戸へ活路を探したのです。

その後、虎屋は新天地での挑戦に艱難辛苦を乗り越えながらも、東京で御所御用の菓子屋として、また御所のみならず、
伊藤博文はじめ様々な財界人からも愛されるようになりました。
初めは店頭販売ではなく、注文販売という商売方法だったのが、広告を打ち認知度をあげて行きます。

次第に「京都から来た御所にも出されるお菓子」の評判は広まり、今では多くの人たちから愛され、「東京のお菓子」の代名詞となるまでになりました。

今まで知らずにいた羊羹の歴史。
それを知ったことで、その味ひとつにも価値のあるものだということに気がつく。
ストーリーを知った時、人は様々に想像しながら時間の旅に思いを馳せます。

そんな歴史を感じながら、いざ店内へ

  • 2006年 内藤廣建築

内藤廣が数々の虎屋のプロジェクトを手がけた中での第一店舗目がこの御殿場店です。

  • 庇を大きく取り組んだ外観。そのひさしを支えるのは十字の柱。

  • 3.8m天高の店内に緑の光をふんだんに取り入れる

そして、ここでは私はこの日初めての富士山を見ることができました。

正直、こんなに美しい羊羹を見たのは初めてです。
まず、どこから手をつけたら良いかわからないほどの美しさに、しばらく見惚れていました。
(ひよこのお菓子を食べるのに悩んだ子供心を思い出しました。)

切り口も宝石のように美しく。こちらは、御殿場店限定の四季の富士、夏バージョンです。

「1978年、御殿場に虎屋の主力工場が建てられました。京都・東京についでゆかりの地となった御殿場ならではの羊羹が『四季の富士』です」

これは、ぜひシーズンごとに訪れて見惚れたい富士山を発見することができました。

とらや工房

虎屋菓寮 御殿場店からさらに市内へ。民家を抜けた静かな土地に「とらや工房」があります。
こちらは、旧岸信介邸(1969年 設計:吉田五十八)に隣接する土地にあり、山門から入ると竹林を抜けて小川のせせらぎを聞きながらゆっくりと散策ができる自然豊かな場所です。

  • 店内に足を踏み入れると、御殿場店の瀟洒な店内の雰囲気とは打って変わっていて、
    全体を木で設えられた空間はまるでログハウスのような印象を受ける。
    内藤廣氏は、「このプロジェクトでは、庭づくりに建物以上の神経を使った。建物は質素で、庭の一部のようなもので良い。環境全体の豊かさがメッセージなのだ」と記している。

まるで、光を受ける印象派の庭園の絵画の中に自ら入り込んでしまったような場所。
山門を入ると、別世界に足を踏み入れたようで、都会の喧騒とは異世界です。

庭を受け止めるように湾曲した建物に、川のせせらぎや森の音、ルーバーからの光が注ぎ込む。

  • 工房、売り場、喫茶がひと並びとなっている

  • 暖炉のデザインは富士山のオマージュのよう

以前、今の当主の先代、黒川光博さんがテレビのバラエティー番組に出演されていた時、あまりの素敵な人柄に驚きました。老舗の社長がこんなにも革新的で、柔軟で、新しいことに挑戦している姿が、私の老舗企業のイメージと全くかけ離れていました。
ここは、工房という名の通り、職人さんがここでつくったお菓子が食べられる場所。
本来、お菓子というのは限られた地域の産物として、「作り手」と「食べ手」がお互いの顔が見られる関係性の中で商売されていた、その原点に立ち返る場所、ということです。

御殿場プレミアムアウトレットに行く時は、ぜひまた訪れたい場所です。
日々の天気の移り変わり、四季によって、全く違う景色が見られるだろうと思います。
虎屋のある景色。
虎屋は、500年もの歴史の中で「今」という時代に向き合い、お客様と職人が変わらぬ関係で美味しさを伝えることを続けて来ました。

私が次また羊羹を食べる時、500年前も同じように美味しく食べた人がいることに悠久な時の流れを感じながら味わって食べたいと思います。

(参考:虎屋社史 / 新建築2007年6月 / 新建築2008年9月)

虎屋菓寮 御殿場店
静岡県御殿場市新橋728-1

とらや工房(羊羹の扱いはありません)
静岡県御殿場市東山1022-1

  • Instagram